MENU

入学案内

Guidance

入学案内

全国で初めて登場した、料理のプロを育てるための短期大学校

奈良調理短期大学校は、1988年4月、全国で初めて調理の専門技術を学べる短期大学校として開校しました。将来、世界で一流シェフとして活躍したい人や日本料理の料理長として腕を振るいたい人はもちろんですが、一度も作ったことがないけれど料理に興味があるという人も大歓迎。勉強しながら料理の腕を上げ、あなたの“夢”も大きくしていってください。きっと美味しい“未来”ができあがるはず!

実技中心のカリキュラムだから、楽しく“料理”を習得できます。

食品衛生学、栄養学、接客心理学・・・。料理のプロになるには、難しい講義も大切。でもどんなに写真を眺め、文章を記憶しても、そればかりでは料理の腕は上りません。本校では、講義での知識をベースに、何よりも実技の時間を多く組み込んでいるのが特徴です。包丁を握り、フライパンを振り、いっぱい作って、いっぱい失敗することが、いちばん大事な勉強。確かな技術を楽しみながら身につけることができます。

調理専門の短期大学校だから、世界に通用する資格が取れます。

自分の実力を証明してくれるのが資格です。料理の世界にも、技術の到達レベルを認めてくれる資格はたくさんあります。日本料理、イタリアン、フレンチ・・・、それぞれの分野に超難度クラスの技術を習得したという資格や共通の技術を習得したという資格など、それは多種多彩。まずは、基本的な資格を取得したら、自分の専門性を生かすための資格にチャレンジ!

職業訓練法人 奈良県調理技能協会ってなぁに?

調理師を目指す人たちを技術的また経済的に支援するために、奈良県下で飲食関係に従事する会員店約50社の協力を得て発足しました。協会会員店は、堅実な経営を続ける優良店を基準に選んでいます。それぞれの会員店は、学生と準社員としての雇用契約を結び給与を支給し、応用技術を指導します。更に国・県より調理短期大学校の学費も援助しています。世界に羽ばたける高度な調理技能者、将来には優秀な指導者としての活躍が期待されるプロフェッショナルな人材の育成に貢献。料理のプロを目指す人たちにとって、働きがいのある環境づくりに努めています。

入学要項

入学時期
平成30年4月
修業年限
2年(昼間)
入学定員
40名(男女共学)
入学資格
1. (1)高校卒業見込みまたは卒業した者。(2)高校卒業と同等の資格を認められた者。
2. 奈良県調理技能協会の事業所に勤務している者または、勤務しようとする者。
願書受付
平成29年9月1日(金)より定員に達するまで。(受付開始日にご注意ください)
※AO入試を希望される場合は連絡してください。
※学校見学は随時行っております。ご希望の方は0742-63-1866までご連絡ください。

入学選考について

  • 入学選考日および時間、場所は、出願受付後連絡いたします。(第1回目は10月中旬か下旬の予定です。2回以降は随時行います。) 但し、AO入試の場合はAOエントリーシート受付後連絡いたします。尚、AO入試は面談で決定いたします。
  • 選考方法は筆記試験(国語、数学、作文)と面接です。
  • 合格発表は、入学選考後1週間以内に、学校と本人宛文書で通知します。
    ※選考入試前には、学校見学をおすすめします。

学費について

1年目
合計 1,230,000円
入学金 150,000円
授業料 前期分 390,000円
後期分 390,000円(9月中払込)
教材費 160,000円(教科書、包丁セット、実習服一式2着分など)
設備拡充費 140,000円
2年目
授業料 前期分 390,000円(3月中払込)
後期分 390,000円(9月中払込)
資料請求はこちら
資料請求はこちら

世界に羽ばたく料理人を目指しませんか?当校の資料を無料でお届けいたします

  • NPO日本食育インストラクター協会食育を基礎から学び指導者の証となる資格を取得。
  • わかばね調理専門学校厚生労働省と奈良県の認可を受けた「調理職業能力開発短期大学」
  • facebook最新ニュースをフェイスブックでご覧いただけます